犬と猫、それぞれのペットと暮らして

かつて一度猫を飼い、その後続けて三匹の犬を飼い、最近また猫を飼うようになってあらためて思ったことがあります。
それは、犬の愛情深さを知ることができた喜びと同時に、猫の飼養の気楽さを見直すことができたという点です。つまり、どちらも甲乙つけがたいペットということですね。
犬は賢く飼い主への忠誠心に溢れていて、人間にとってまさに永遠のパートナーだと知って、ますます好きになりました。そしてその分、亡くした時の喪失感が大きいです。やはり毎日散歩へ連れていき、たくさん遊んであげていたからでしょう。
その点、猫は世話をするのにたいした手間がかからず、適切な距離を保てるのがいいですね。ペットロスの悲しみが和らぐわけではありませんが、犬の時よりは理性的に対処できると思います。
一緒にいる時の楽しさや安心感では犬の方にやや軍配が上がるんですが、猫も穏やかな時間を過ごすのにはもってこいのパートナーだなと最近考えはじめています。
反対に、犬よりも意外と猫の方が厄介だと思ったのが、飼い方、しつけの方法です。
犬は吠えや噛みつきの心配があるので、早いうちから徹底して訓練しますが、猫は生来しつけが入らない生き物のため、結果やりたい放題にされてしまいます。ケージやサークルで囲っておけるのもいわば犬飼いの特権で、ひとたび猫を部屋の中に放てば、行きたい所へ行き、やりたい事をするというものです。ドッグフード モグワン
家具やファブリック類など、定期的に替えてもいつの間にか引っかき傷や噛み傷がついていたりしますし、壁や柱の損傷ときた日には頭を痛めてしまいます。
総じて飼育には犬の方がお金がかかりますが、被害額は猫の方が大きい気がするのは気のせいでしょうか。
もちろんどちらも可愛いので、結局こちらが折れてしまうのが飼い主の弱みなんですけれど。

適度な運動を心がける

便秘に至る要因は人それぞれ違います。ですが多くの場合、食事、睡眠、悩み、ストレスなどなど、生活習慣の悪化や、人間関係における精神的な疲労が関係していると思うんですよね。実際私がそうでしたし、一時期にはかなり重度の便秘に悩まされていたものです。

で、自分なりに色んな手法(食生活の改善、サプリ摂取など)を用いて、便秘対策に乗り出すわけですが、その中で一番効果があったのが、適度な運動です。酵素サプリ ランキング

なんかねえ、今になってみると、私の便秘の場合、運動不足がそのもっとも大きな要因だったような気がするんですよね。と言いますのも、ある頃からウォーキングと、軽い筋トレ(特に腹筋)を行うようになったところ、以前と比べるとかなりスムーズに出せるようになったからです。おそらく、あまりの運動不足から筋肉が衰え、排泄の際の力を上手く使えていなかったのではないでしょうか。

また、胃や腸の位置も、運動不足によって(筋肉が衰えたことによって)変な位置に来ていたと思うんですよね。「胃下垂」とか「腸のねじれ」とか、そんな症状に近いと思われ、こういった症状が私の便秘を誘発していたような気がします。それが、前述のとおりウォーキングと軽い筋トレを行うようになったことで、便秘が改善したわけですから、あながち的を外した考え方ではないはずです。

冒頭で述べた通り、便秘に至る要因は人それぞれ違いますが、私のように運動不足に陥っている人は、適度な運動を心がけることで、改善がみられるかもしれません。(適度な運動は)便秘解消以外にもトータル的な健康法として大きな効果がありますし、やってみる価値は十分にあるかと。

便秘を超簡単に飲んで治す方法!

便秘解消法で簡単なのは「べリテーゼ」という生薬を飲むことです。

「べリテーゼ」とは縮便を取る薬のことで、縮便とは腸にこびりついた古くなった便のことです。

飲んでから約8時間後に効くので、夜に飲んで朝に出すというのが私の場合には効果的でした。

飲みすぎると下痢気味になってしまう程強い薬なので量の加減に注意して飲むのがいいでしょう。

一応、夜と朝に飲むことを推奨されていますが、私の場合は夜飲んで朝出すのが一番効果的でした。

「べリテーゼ」とは薬局に売っている生薬系の薬であり、漢方薬に近いであり、ほとんど木の実をすり潰したという感じなので、あまり薬という感じはしなくて飲むことにあまり抵抗がないです。

ベリテーゼで宿便を取った後は、毎日1本のヤクルトと1個のヨーグルトで整腸に努めましょう。

そのほかにもしらたき、こんにゃくなどの食物繊維の入ったものを食べて自然に便通が良くなる様に心がけましょう。

こんにゃく芋(しらたき、こんにゃく)は何百年も前に中国から整腸の薬として日本に伝来されたものであり、食べ物というより薬としての側面が大きいのです。

それにしらたき、こんにゃくはダイエットの観点からもほぼゼロカロリーなので便通を良くしてダイエットもできるという魔法の食材なのでなるべく積極的に摂取するようにするといいと思います。

また便通の状態が悪くなったら、ベリテーゼを飲むという様に整腸メインでなるべくベリテーゼに頼らない様にするといいと思います。酵素サプリ ランキング

快便と健康習慣

私は上の子供を妊娠中にひどい便秘になりました。理由は貧血予防に飲んだ鉄剤のせいでした。便が固くなって出そうとしても出ないので大変お腹が苦しかったのを覚えています。出産したら鉄剤も飲まなくなくていいと言われていたので便秘も解消されると思ったのですが、相変わらず便秘でした。

便が出ないとすごく気持ち悪いというか違和感があるので出ないときは浣腸のお世話にもなりましたが、やはり自然と便が毎朝出る状態が健康の証であると考える私は生活習慣を見直しました。

野菜を中心とした献立に変えて、その中には必ず繊維のある食物を取り入れました。繊維質の中でも便秘に効くのはさつまいもです。さつまいもをとると本当便が出やすくなります。それから便秘がひどいという人は習慣づけが大切です。朝便が出なくてもトイレの便座に座ってお腹に力を入れて便を出すのをイメージします。

最初は出なくても習慣づけることで便が出るようになるので不思議です。便を出しやすくする食べ物としてバナナや納豆などもとてもいいです。特に納豆は発酵食品で体にもいいですし便秘解消にも一役買ってくれるので毎日食べたい食品です。朝起きたらコップ1杯の水を飲むことも便を出しやすくするために効果的です。コップ1杯の水で腸が刺激されて腸が働き便をしたくなります。ただしお腹が弱い人は白湯にしてください。酵素サプリ ランキング

あとは適度な運動です。腸を刺激する運動と言えば腹筋などがあります。お腹を時計周りに優しくマッサージするのもとてもいいです。マッサージすることで血行もよくなり腸が活発に動きます。

便秘の人は腸の動きが悪い人が多いいです。腸の動きが悪いと便を出す力も弱いので便秘になります。食事や運動マッサージで便秘は少しずつ解消され、最後には快便へ導いてくれます。

簡単でお得!これを食べれば、便秘なんて楽勝!!

便通や腸内環境に直結するものとして、まず何よりも大事なものをやはり”食事”だと思います。仕事が忙しかったり、一人暮らしだったりでコンビニ弁当やインスタント食品、揚げ物などのお惣菜等で簡単に済ませてしまったりが多くなり、日々の食生活に気を配ることを忘れがちになります。

ただ、そこを見直し、改善を図ることで、辛い便秘を解消できる可能性があるとすれば、やはり健康のためにも毎日の食事からまず改善を図りましょう。

では、便秘に良いとされている食べ物として、食物繊維・乳酸菌が多く含まれているものがベターということは良く聞くと思いますが、できれば安く、簡単に毎日の食生活に取り入れやすいものは、果たしてどのようなものがあるでしょうか?

まず、お勧めなのが、納豆。

納豆は、3パック100円もしないですし、心がけ次第で毎日簡単に摂る事ができる食べ物だと思います。納豆には、食物繊維が多く含まれているのはもちろんですが、納豆菌が腸内環境を整える働きもし、便秘解消に大変効果が高いと言われています。酵素サプリ ランキング

次に、お勧めなのがバナナ+ヨーグルト。

やはり簡単でお安く作れますし、食後のデザート的に毎日に取り入れやすい食べ物のように思います。バナナの食物繊維と、ヨーグルトの乳酸菌が腸内環境の改善を助け、便秘の解消に大変活躍すると言われています。

やはり少しづつでも、日々の食生活を見直し、できることかやっていくことがまず大事なのだと思います。

今回の紹介したものであれば、無理に大きく食生活を変えること無く日々に取り入れることが可能ですし、経済的にもお安くできる解消法なので、ぜひ上記2つの食べ物を摂る習慣を作ることからはじめてみませんか?

冷え性を改善して便秘を治す

便秘の人は、体が冷えていることが多いです。

季節でいうと、冬に便秘傾向になります。

それは何と言っても、体を冷やすからです。

その結果、体の代謝が悪くなって、大腸の動きも悪くなります。酵素サプリ ランキング

また冬になると、運動をすることも少なくなりますね。

外出をすると寒いので、運動をする場所を確保することがむつかしくなるからです。

そのため、体を動かす機会が少なく、代謝が悪くなって便秘傾向になりやすいです。

そんな時には、冷え性を改善させて便秘を改善させましょう。

まず、体をあたためることが大事です。

特に便秘傾向の人は、腹部を温めると効果的です。

腹部を温めることによって、大腸を動きをよくすることができます。

電気毛布等を使って腹部を温めるだけで、便意を催すこともあります。

そんなん風に、腹部を温めることは、大腸の動きをよくすることが出来るので、とても良い事ですね。

また大腸の動きをよくするためには、マッサージをすることも効果を期待することができます。

冷え性の人は、大腸の動きが悪くなっています。

その結果、便秘になっていることもあります。

そのため、その大腸の動きをよくするために、大腸の形に沿って腹部をマッサージしましょう。

便秘をよくするために、そのようなマッサージ方法があります。

それを行うと、多くの人が効果を感じることができています。